<カーネーションの色は様々>|日本ロイヤルガストロ倶楽部 グルメ通販

<カーネーションの色は様々>

母の日に贈る花

母の日に贈る花としてカーネーションは有名です。

お店にはたくさんのカーネーションがずらりと並んでいますが、みなさん色にこだわりはありますか?

最近では色も豊富で選ぶ事自体が楽しくなってきますよね。

母の日 ママへ感謝のお花とお菓子特集ページはこちら »

定番の赤色

母の日

 母の日と言えば赤色のカーネーションをすぐに思いおこしませんか?それ程赤色は定番色として根付いています。

 実際にお花の売り場も赤色のカーネーションが多くの面積を占めています。

 お母さんの好みの色がわからなかったり、他人と違う事をするのが恥ずかしという人は赤色を選べば間違いはありません。

花言葉は「母の愛」です。まさに母の日にぴったりの色のカーネーションですね。

かわいいピンク色

母の日

 女の子がお母さんへプレゼントするカーネーションの色として人気があるのがピンク色です。

 女性は大人から子供までピンク色が大好きです。子供から贈られればまた嬉しさも倍増します。

 花言葉は「上品・気品」や「感謝」です。いつもありがとうの言葉を代弁するにふさわしいピンク色のカーネーションです。


神秘の青い色

母の日

カ 青色のカーネーションは自然交配では誕生しません。

 品種改良を行い続け、やっと完成した花として一時メディアでも取り上げられました。

貴重な色のカーネーションなので、一般での流通は中々お目にかかれません。

 そんな中、白色のカーネーションに着色を施した青いカーネーションが徐々に目に付いてきました。

 花言葉は「永遠の幸福」です。

 希少な花を子供から贈られる事自体が幸せな事です。



色味を選んで紫色

母の日

 個人的に好きな色なのですが、それは置いておきまして…

 赤は見慣れた。ピンク色はかわいすぎる。そんな時にはひねりを加えて紫色のカーネーションはどうでしょう?

 色味も薄い物から濃い物まであるので自分の好きな、又はお母さんをイメージした色を選んでプレゼントすればきっと喜ばれるはずです。

 紫色は落ち着いたイメージを与えてくれるので、キレイ系なお母さんにはぴったりだと思いますよ。

 花言葉は「誇り」です。

あまり好まれない色

 黄色や白色は見た目もきれいでプレゼントには最適なのですが慣例や花言葉が母の日のお祝い事にそぐわない場合もあります。

 お母さんからのたっての希望であったり、どうしてもその色を贈りたい場合はカーネーションを渡す際に「○○だからこの色のカーネーションにしたんだよ。」と選んだ理由を伝えてあげると変な誤解を与えずに済みます。

共通する花言葉

母の日

 どの色のカーネーションにも共通する花言葉があります。 それは「愛」です。

 子供から母親への愛を形にしたものがカーネーションなのです。

 小さな子供から成人している子供まで、母の日はお母さんへ愛情を届けてあげましょう。

2016年12月12日 月曜日

▲グルメ通販なら日本ロイヤルガストロ倶楽部 PageTop