母の日といえばカーネーション!色ごとの花言葉やNGカラーも覚えておこう!|日本ロイヤルガストロ倶楽部 グルメ通販

母の日といえばカーネーション!色ごとの花言葉やNGカラーも覚えておこう!

母の日プレゼントの定番・カーネーションは、色ごとに花言葉が違うって知ってた?

母の日の象徴といえば、赤いカーネーション。

子供の頃から、幾度となくお母さんにプレゼントしたことがある!という方も多いのではないでしょうか?

カーネーションといえば赤やピンクのイメージが強いですが、実は多くの色があり、色ごとに『花言葉』も違うといいます。

「え?カーネーションなら、何でもいいと思ってた!」

「カーネーションは全部『お母さんありがとう』って意味じゃないの?」

なんて方は、要注意(笑)

実際には贈るのが好ましくない色のカーネーションもあるようです。

お花に詳しいお母さんでしたら花言葉を深読みし、

「あの子、こんな風に私のことを思っていたのかしら?」

等と思われてしまうと困ってしまう・・なんてケースも発生しそうです。

今回はそんな失敗をしないためにも、カーネーションの色別に花言葉をご紹介していきたいと思います。


母の日 ママへ感謝のお花とお菓子特集ページはこちら »

母の日の王道・真っ赤なカーネーションの花言葉は?

母の日

母の日といえば、やはり赤いカーネーションが印象的です。

一輪でも華やかで、凛々しい。

そんな佇まいは、世界でたった一人の大切なお母さんそのものという印象がありますね。

赤いカーネーションの花言葉は『母への愛』『真実の愛』『情熱』。

まさに母の日にはピッタリの花言葉で、鮮明な赤い色のカーネーションのプレゼントは誰に贈っても喜ばれること間違いなしです。

ただ、あまりにも定番すぎて面白みに欠けてしまうという難点も・・。

カーネーションを母の日に贈るのであれば、赤をメインに他色をセレクトしていくと良いかもしれませんね。

母の日に最適な、赤以外のカーネーションの色や花言葉は?

様々な色が存在するカーネーションですが、花言葉でチョイスした時にふさわしい色は赤以外に何があるのでしょうか?

 

女性が大好きなピンク色のカーネーション。

母の日

こちらも赤に次いで多く選ばれているようですが、ピンク色のカーネーションの花言葉は『感謝』『美しい仕草』『温かい心』『上品』。

ピンク色のカーネーションも、母の日にプレゼントするには最適といえるでしょう。

暖かい心の優しいお母さんに感謝を伝えるのですから、まさにふさわしい色と花言葉ですよね。

また、優しげな、ふんわりした色合いのオレンジのカーネーションの花言葉は『あなたを熱愛する』『純粋な愛』ですから、贈っても問題はありませんが、どちらかというとご主人が奥様にプレゼントする時に向いているかも。

でも、意味合い的には悪くないので、オレンジ色が好きなお母さんには、ぜひプレゼントしたい色といえますね。

紫色のカーネーションも、花言葉は『気品』『誇り』ですから、母の日にマッチします。

ピンク寄りの華やかな紫色でしたら、イメージも明るいですし、薄い紫色というのも可憐で素敵ですね。

最近、よく目にする青いカーネーションも奇抜な印象がありますが、花言葉は『永遠の幸福』なので母の日にふさわしいことが分かりました。

カーネーションとしては珍しい色ですので、新しいことや物が大好きなお母さんには評判が良さそうです。

あなたのお母さんに対する印象や伝えたい意味の花言葉で、カーネーションの色を選ぶと喜ばれるかもしれませんね。

素敵だけど母の日にはふさわしくない?NG色のカーネーションとは!

「カーネーションだったら、何色でも母の日に贈っていいものだと思っていたわ」

という人がほとんどかもしれませんが、花言葉で考えた場合は「避けた方が良い色のカーネーション」というのも存在しています。



まずは、白い色のカーネーション。

母の日

白いカーネーションの花言葉は、『純粋な愛』『私の愛は生きている』『亡き母を偲ぶ』という意味なので、亡くなったお母さんへ手向ける色というように広く認識されています。

元々、母の日がアメリカで始まった際に白いカーネーションが配られたという由来がありますが、当時も亡くなったお母さんへ対する愛情を込めたものだったため、白いカーネーションは故人のお母さんへ贈るものというイメージが根強くあるようです。

ですから、「白いカーネーションが綺麗だったから・・」といって母の日にプレゼントするのは避けた方が良さそう。

もちろん、亡くなったお母様の仏前に手向けるためには問題ありませんが、元気でいらっしゃるお母さんには違う色のカーネーションをプレゼントするようにしたいですね。

また、黄色いカーネーションも素敵ですが、花言葉は『嫉妬』『軽蔑』なので、母の日向きではないといえそう。

黄色い色が好きなお母さんもいるでしょうから、黄色を入れるのであればガーベラを花束に入れてみてはいかがでしょう?

黄色いガーベラは『究極の愛』『親しみやすさ』ですから、お母さんにはピッタリですよね。

あまり深刻に考える必要はありませんが、頭の片隅に覚えておくとカーネーションを選ぶときの参考になるはずです。

2017年01月20日 金曜日

▲グルメ通販なら日本ロイヤルガストロ倶楽部 PageTop