<贈る花にも変化が起きています>|日本ロイヤルガストロ倶楽部 グルメ通販

<贈る花にも変化が起きています>

プリザードフラワー

母の日と言えばカーネーションを想像しますよね。
ですが最近では色々な花が贈り物に選ばれています。
その中でも近年特に人気が高いのが“プリザードフラワー”です。
何がそんなに人を惹きつけるのでしょうか。
その魅力を探ってみました。

母の日 ママへ感謝のお花とお菓子特集ページはこちら »

そもそもプリザードフラワーって何?

母の日

 生花から元々ある水分を抜いてから専用の着色液に漬け、その後乾燥させると出来上がります。
 触っても生花と何ら変わりはありません。また、水を与える必要が無いので長く目で楽しむ事ができます。花粉が飛ばないので花粉症に悩む人にも好評です。
使い勝手の良さからイベントやウェディングへの利用が増えてきています。
 

ドライフラワーとの違い

 ドライフラワーも乾燥させることは同じですが、生花のような花の色やみずみずしさを保つ事はできません。
 生花をもらってからドライフラワーを作る流れが一般的でプレゼントとしてドライフラワーをもらう事はあまりありません。

プリザードフラワーはどこで買えるの?

母の日

 一般的なお花屋さんにはまだまだ置いている所は少ないです。
 デパートやネットでの購入が主流となっています。生花と違い加工されているのでお値段は若干高めです。
 

自分で作れる?

 買うと高いプリザードフラワー。でも、母の日にプレゼントしてあげたい。
 そう思ったら即、実行しましょう。
 生花と液剤を用意すれば家でも作れるのです!
 お母さんをイメージした花を選び、世界でたった1つのプリザードフラワーを作ってプレゼントしましょう。


教室がたくさん出来てます

 自分で作って母の日にプレゼントするのも良いですが、プリザードフラワーの教室にお母さんを誘ってみるのも良いかもしれません。
 一緒に行った事がきっかけでお母さんの趣味になる可能性もあります。
 

高価なイメージ

 カーネーション1本であれば小学生でもお小遣いで買う事ができます。
 しかし、プリザードフラワーは色々な花の組み合わせで出来ているのでちょっとお高く大人向きの物だと言えます。
 自分が社会人になりお金を稼ぐ事が出来るようになった時にお母さんへの感謝の気持ちをプリザードフラワーに込めて母の日に贈ってみてはどうでしょうか?

家庭に花があると一気に明るくなりますね。

 生花も華やかな雰囲気がありますが、日持ちしないのが難点。
プリザードフラワーなら、環境により長期で楽しめるのでおススメです。
母の日にプレゼントした物や、お母さん自身が作った物であれば尚更愛着がわき、家庭での会話にも花が咲くでしょう。

2016年12月02日 金曜日

▲グルメ通販なら日本ロイヤルガストロ倶楽部 PageTop